健康・医療・衛生 よくある質問


ページ番号1001404 


質問

日本脳炎の予防接種について知りたい。

回答

以前に使用されていたワクチンで重い健康被害が発生したため、国の方針により2005(平成17)年度から2009(平成21)年度まで予防接種の案内通知の発送を見合わせていましたが、2009(平成21)年6月から新しいワクチンが使用されるようになりました。現在は標準的な接種年齢の人へ案内通知を郵送しており、対象年齢に該当する人は、協力医療機関で規定の回数を無料で接種できます。

接種勧奨の差し控えにより接種機会を逸した人への対応

1995(平成7)年4月2日から2007(平成19)年4月1日までに生まれた人は、案内通知の発送を見合わせていた期間中に対象年齢になられたため、日本脳炎の予防接種が不十分になっていることがあります。このため、規定の回数(1期3回、2期1回)を接種していない場合は、不足している回数分を、20歳未満の間、公費(無料)で接種できるようになりました。

また、2007(平成19)年4月2日から2009(平成21)年10月1日生まれの人は、1期の対象年齢の期間中に規定の回数を接種できなかった場合、2期の対象年齢の期間中に、不足している回数分を公費(無料)で接種できます。

母子手帳等で接種歴をご確認いただき、必要な場合は直接協力医療機関へお問い合わせください。

接種方法等については、次の関連ページ「子どもの予防接種」「日本脳炎」をご覧ください。


関連ページ


最終更新日: 2015年4月1日


疾病対策課
電話:042-769-8260(感染症対策班)
電話:042-769-8346(予防接種班)
電話:042-769-8324(難病対策班)
ファクス:042-750-3066


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.