健康・医療・衛生 よくある質問


ページ番号1001386 


質問

麻しん(はしか)・風しんの予防接種は受けた方がいいのでしょうか。

回答

麻しん(はしか)

麻しんウイルスの空気感染によっておこります。感染力が強く、予防接種を受けないと、多くの人がかかる病気です。

麻しんにかかると、40度近い高熱と発疹が続き、脳炎などの合併症を引き起こすこともあり、千人に1人の割合で死亡することもあります。予防接種率が高い国では麻しんの流行がみられていません。

風しん

風しんウイルスの飛沫感染によっておこります。

軽いカゼ症状から、発疹、発熱などが起こりますが、発疹も熱も約3日間で治るので、「三日ばしか」とも呼ばれることがありますが、血小板減少性紫斑病や脳炎などの合併症を引き起こすこともあります。

また、大人になってからかかると、子どものときより重症化する傾向が見られます。

妊婦が妊娠早期にかかると、先天性風しん症候群と呼ばれる病気により障害を持ったお子さんが生まれる可能性が高くなります。

以上のようなことから、ぜひ予防接種を受けるようにしましょう。


関連ページ


最終更新日: 2013年4月1日


疾病対策課
電話:042-769-8260(感染症対策班)
電話:042-769-8346(予防接種班)
電話:042-769-8324(難病対策班)
ファクス:042-750-3066


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.