健康・医療・衛生 よくある質問


ページ番号1001383 


質問

麻しん(はしか)にかかった場合、どのような症状ですか。

回答

主な症状は38度程度の発熱やカゼの症状から始まり、2から3日の発熱が続いたあと、39度以上の高熱とともに発疹が現れます。発疹は耳の後部や首あたりから始まり、その後全身に広がっていきます。

重症になると脳炎や肺炎を起こすこともあります。乳幼児がかかりやすい病気ですが、成人もかかることがあり、成人例では重症な経過をとることが多いです。

麻しん患者と接触したあとで発熱、せき、発しんなどの症状が出た場合には、早めに医療機関を受診してください。

その際には麻しんの可能性があることを伝えてから医療機関を受診しましょう。


関連ページ


最終更新日: 2015年5月8日


疾病対策課
電話:042-769-8260(感染症対策班)
電話:042-769-8346(予防接種班)
電話:042-769-8324(難病対策班)
ファクス:042-750-3066


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.