住宅・道路・下水道・建築 よくある質問


ページ番号1002143 


質問

当麻地区のまちづくりが、どのように進んでいるのかを知りたい。

回答

当麻地区では、圏央道相模原愛川インターチェンジ周辺地区(約81ヘクタール)の立地特性を生かし、産業を中心とした新たな拠点づくりを促進するため、まちづくり委員会などの地元組織を中心に住民主体のまちづくりに取り組んでいるところです。
相模原愛川インターチェンジの南側では、約37.4ヘクタールを市街化区域に編入し、その内、約14.5ヘクタールについては、平成24年度末から組合施行にて土地区画整理事業が行われており、令和2年度の事業完了に向けて造成工事や進出企業との調整が行われています。
また、相模原愛川インターチェンジ北側では、平成25年10月に谷原・市場地区土地区画整理組合設立準備会が、平成27年5月に当麻塩田原まちづくり検討会が組織され、将来の土地利用意向調査の結果を踏まえた土地利用計画などの検討を行っております。

参考資料

地元組織

市街化区域への編入


関連ページ


最終更新日: 2020年4月2日


都市整備課
電話:042-769-8259(まちづくり班、当麻地区整備班)
電話:042-769-8258(駐車場・自転車対策班)
ファクス:042-754-8490


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.