生活道路の安全対策についてのワークショップをモデル実施しました(8月から11月実施)


ページ番号1018326  最終更新日 令和1年12月25日


[画像]開催中の写真(322.6KB)

星が丘地区の一部を対象に、自治会や交通安全関係団体、教育機関、警察、市などが参加し、区域内の生活道路(※)の安全対策についてのワークショップを8月から11月にかけてモデル実施しました。
グループワークや現地調査などを通じて、危険箇所の抽出を行い、その箇所の安全対策について検討を行いました。ワークショップでは、それぞれの立場から、活発な議論が行われました。
ワークショップで検討した安全対策については、来年度以降事業を実施し、効果検証を行う予定です。

ワークショップで検討した主な対策例

これらの安全対策を実施しても、一人ひとりが安全な行動をしなければ、交通事故は防げません。生活道路を通行するときは、次のことに注意しましょう。

(※)この事業では、センターラインのない道路を「生活道路」と定義し、検討を行いました。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


中央区役所地域振興課
電話:042-769-9801 ファクス:042-757-2941


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.