中央区 区長レポート


ページ番号1014637 


9月 各地区まちづくり会議

光が丘地区(9月4日)、中央地区(9月8日)、田名地区(9月15日)において、本年度第1回目のまちづくり会議が開催されました。
3地区とも、検温や消毒、換気など新型コロナウイルスへの感染防止対策に万全を期して開催していただきました。
まちづくり会議の委員の皆さまには、委員として、また、それぞれの団体等の中心的なメンバーとして、各地区のまちづくりにかかる多くの地域課題についてご議論をいただき、解決に向けた取り組みを進めていただいております。
区役所としても、まちづくり会議の皆さまとこれからもしっかりと連携しながら、“多様性を大切にするまちを目指して”取り組んでまいります。

[画像]会議中の様子写真(281.8KB)

9月14日 上溝地区交通安全母の会 交通安全祈願の千羽鶴

[画像]左から河村会長・高橋相談役(26.3KB)

「交通事故がなくなるように」との思いを込めて、交通安全を祈願した千羽鶴を、上溝地区交通安全母の会から寄贈していただきました。この千羽鶴による交通安全祈願の取り組みは20年以上にわたって続けられているものです。
1羽ずつ丁寧に折られた、色とりどりの千羽鶴をいただき、母の会の皆さんの交通安全に対する強い思いをあらためて感じました。
中央区では、10年連続で「自転車交通事故多発地域」に、9年連続で「高齢者交通事故多発地域」に指定されるなど、交通事故が多く発生しています。
警察署や交通安全母の会をはじめとする関係の方々と連携して、引き続き交通事故の防止に取り組んでまいります。

9月5日 上溝地区防災訓練

上溝公民館において、「上溝地区防災訓練」が実施され、地域の自主防災隊の皆さんを中心に32人の方が参加されました。
当日は、市の危機管理課職員から、昨年の東日本台風の状況を参考に、洪水や土砂災害に関する知識やハザードマップの確認方法、風水害時の避難行動などが説明されました。参加された皆さんは防災に対する関心も高く、説明に熱心に耳を傾けていました。
その後はグループに分かれて、風水害時に「いつ・どこに・どのように」避難するのかを一人ひとりがあらかじめ決めておく「マイ・タイムライン」の作成講習が行われました。ハザードマップで自宅周辺の危険度や避難経路を確認したり、避難のタイミングや非常持出品を検討したりするなど、活発な話し合いがなされました。
台風シーズンが続きますが、区民の皆さんには、避難先や非常持出品の確認など、風水害に備えた準備を進めていただきますようお願いします。

[画像]防災訓練の写真(337.3KB)

8月25日 第6期第1回区民会議

[画像]集合写真(19.2KB)

区民会議は、市長の諮問に応じて調査審議し、その結果を答申するほか、区の課題やまちづくりの方向性について、協議するために設置された市長の附属機関です。
この8月25日に、6名の新しい委員をお迎えしてスタートした、第6期の中央区区民会議では、「中央区基本計画」を進めていくための取り組みや、計画の進捗状況などについて、議論をいただく予定です。
区民会議の委員の皆さん、これから2年間、お力添えをいただきますよう、お願いいたします。

区長室 絵画

区長室には、県立相模原弥栄高校の芸術科美術専攻の生徒さんが描いた絵画を飾らせていただいています。
今回提供いただいた絵画は、3年生の鯉沼 朝子(こいぬま あさこ)さんの「想いをのせて」という題の作品です。鯉沼さんから「動物をテーマに版画を制作する機会があり、苗字の「鯉」を題材にしました。また切手の版画が好きなので、表現に取り入れました。」とのコメントが寄せられています。鮮やかで躍動感のある鯉の、水の中を泳いでいる姿が、涼感を誘っている作品です。
鯉沼さん、そして相模原弥栄高校の皆さん、いつも素敵な絵をありがとうございます。

[画像]絵画の写真(303.9KB)

8月21日 打ち上げ花火、「上」から見ると…?

新型コロナウイルス感染症の影響により、中央区の夏の風物詩である「相模原納涼花火大会」も今年は通常開催が見送られることとなりましたが、「株式会社ワーナー・グレイ」の山口様のご厚意により、昨年度(第48回)大会の様子をドローンで撮影した映像をご提供いただきました。
この映像は、中央区インフォメーションコーナー(中央区役所区民課付近)及び、大野北・田名・上溝の各まちづくりセンターに設置したデジタルサイネージにて9月末まで放映しています。また、Youtubeでもお楽しみいただけます。普段私たちが地上から見る花火とは一味異なる、優美で幻想的な映像をお楽しみください。
コロナ禍を乗り越えた来年の夏、相模川上空に大輪の花が咲き誇ることを願います。

[画像]花火の写真(121.1KB)

8月12日 高田橋で

自転車で愛川町に帰る途中、高田橋で大きな虹が見えました。
ちょうど夕立が止んで、夕陽が射し込んだところでした。
よく見ると、虹が二重に!
蒸し暑さも一瞬忘れました!

[画像]虹の写真(247.4KB)

7月 各地区まちづくり会議

小山地区(7月7日)、上溝地区(7月13日)、星が丘地区(7月20日)、横山地区(7月20日)、清新地区(7月21日)、大野北地区(7月28日)において、本年度第1回目のまちづくり会議が開催されました。
各地区とも、検温や消毒、換気などコロナ対策に万全を期して開催していただき、地域の皆さまとも久しぶりにお会いすることができました。
まちづくり会議の委員の皆さまには、委員として、また、それぞれの団体等の中心的なメンバーとして、地域の安全・安心や地域福祉等の活動にご尽力をいただいており、心より感謝を申し上げます。
区役所としても、まちづくり会議の皆さまとこれからもしっかりと連携しながら、まちづくりに取り組んでまいります。

[画像]清新地区会議の写真(24.6KB)
[画像]大野北地区会議の写真(24.6KB)

7月15日 第5期第11回区民会議

[画像]第5期第11回区民会議の会議の様子(39.7KB)

区民会議は、25名の委員の皆さまと区の課題やまちづくりの方向性について話し合う場です。
平成30年7月からスタートした第5期では、中央区基本計画の策定を中心に、ご議論いただき、 今回の会議が第5期の最後となりました。
計画の検討にあたっては、会議形式の議論だけでなく、グループワークで意見を出し合ったり、高校生や地域活動団体との意見交換を行うなど、様々な手法でご議論いただきました。
おかげさまをもちまして、区民会議からの答申に基づいて策定された中央区基本計画は、本年4月からスタートしております。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、予定していた区民会議を中止せざるをえない状況もございましたが、2年間にわたり、お力添えをいただきましたことに、改めまして感謝申し上げます。

また、8月からは第6期の区民会議委員の皆さまとともに中央区基本計画の実現に向けた議論を進めてまいる予定です。

6月26日 区制施行10周年記念切手 完成報告・贈呈式

[画像]集合写真(22.3KB)

区制施行10周年を記念し、日本郵便株式会社と共同でオリジナルデザインの切手シートを作成しました。
7月1日の販売開始に先立ち、日本郵便株式会社相模原古淵郵便局長 細谷様(神奈川県西北部地区連絡会地区統括局長)より完成した切手シートを寄贈していただきました。
中央区のシンボルである桜をテーマにしたこの切手シートには、区内10箇所の桜の写真が使われています。
今年は帰省を含め、遠方にお住まいの人となかなか会い難い状況が続きますが、こんな時だからこそ、お便りを送ってみてはいかがでしょうか。大切な人へ送る手紙には、暖かな彩りの桜の切手をご活用ください。

[画像]ポスター画像(66.7KB)

6月17日 社会を明るくする運動

清水会長をはじめとする相模原中央保護区保護司会の皆さんが、内閣総理大臣からの「社会を明るくする運動」のメッセージをお持ちくださいました。
この運動はすべての国民が、犯罪や非行の防止と犯罪や非行をした人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場で力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動で、今年で70回目を迎えます。毎年7月が強調月間となっており、本市でも街頭キャンペーンや啓発イベントなどが実施されていましたが、このコロナ禍で中止となっており、また更生保護活動が電話でのやりとりになるなど、活動にも影響が出ているとおっしゃっていました。
区役所といたしましても、「Hand in hand」、共に手を携え、地域の皆さんのご協力をいただきながら、今後も、明るく暮らしやすいまちづくりを進めてまいります。

[画像]記念写真(342.6KB)

久保原自治会 自治会掲示板

[画像]掲示板の画像(470.3KB)

小山地区の久保原自治会では、地区内の掲示板を開放し、地域の方たちの作品や新型コロナウィルス対応への応援メッセージなどを発表・鑑賞する場として、「くぼはらロードギャラリー」が開設されています。
「マスクでもオーラでわかるご近所さん」など、コロナ禍を逆手にとった楽しい川柳などが並んでいて、散歩などの際に、同じ地域に住む人どうしのつながりが感じられる素敵な空間になっています。

5月1日 マスクを寄付していただきました

[画像]記念写真(173.6KB)

「アミューズメントバー ギャップス」(相模原2丁目)の廣本様から、地元の中央区で活用して欲しいと、マスクを寄贈していただきました。
昨年開催されたチャリティーイベントの寄付金でご購入をいただいたもので、そのイベントを一緒に企画された内田様も来庁されました。区内のエポック保育園、相模原さくら保育園にもマスクを寄贈するとのことでした。
区役所では、窓口で必要なお客様に使っていただくなど、感染予防のために使わせていただきます。
現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、イベントの中止・延期や不要不急の外出を控えていただくなど、区民の皆様にはご不便をおかけしております。
緊急事態宣言の延長が決まり、さらに不安やストレスを感じる日々をお過ごしのことと思いますが、まだ先の見えないこの事態を、皆様と一緒に乗り越えていければと思います。

区長室 絵画

区長室には、県立相模原弥栄高校の芸術科美術専攻の生徒さんが描いた絵画を飾らせていただいています。
今回提供いただいた絵画は、2年生の滝口 大輔(たきぐち だいすけ)さんが山梨県の西湖いやしの里根場(ねんば)の風景を描いた「夏空」という題の作品です。滝口さんから「区長室に自ら制作した絵画が飾られることをとても嬉しく思います。夏の爽やかな雰囲気を感じていただけたら幸いです。」とのメッセージもいただいています。茅葺き屋根の独特な質感の描写が素晴らしく、突き抜けるような青い空に夏を感じる爽やかな作品です。
滝口さん、そして相模原弥栄高校のみなさん、いつも素敵な絵をありがとうございます。

[画像]絵画の画像(443.3KB)

4月24日 空撮映像で中央区の桜をお楽しみください

[画像]空撮映の写真(30.2KB)

中央区には、市役所さくら通りをはじめ、桜の見どころスポットがたくさんありますが、この春は新型コロナウイルス感染症の影響により、桜の開花を楽しめず残念に思われた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
今回、中央区では、区の魅力を発信するPR映像「中央区 四季の空中散歩−春−」を制作いたしました。区で初めてドローンによる空撮を行った本映像では、満開宣言が発表されたばかりの3月下旬の市役所前の桜並木や、鹿沼公園の白鳥池の様子がご覧いただけます。
また、区ホームページでも区民の皆様からご提供いただいた桜の写真を紹介しています。映像と合わせてご覧いただき、ご自宅で中央区の桜をお楽しみください。
今もなお、外出の自粛を控えていただく状況が続いておりますが、この困難な状況を乗り越えるため、引き続きご協力をお願いいたします。


関連情報


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


中央区役所区政策課
電話:042-769-9802 ファクス:042-757-2941


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.