中央区 区長レポート


ページ番号1014637 


6月5日 「はやぶさWEEK」オープニングセレモニー

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「はやぶさ2」が、昨年12月、小惑星リュウグウのサンプルが入ったカプセルを無事帰還させたことを記念し、6月5日から13日を「はやぶさWEEK」とした様々なイベントが実施されました。
初日のオープニングセレモニーでは、淵野辺駅北口自由通路1階広場において、「はやぶさ2」のデザインマンホール蓋のお披露目・設置が行われたほか、地元商店会である「にこにこ星ふちのべ商店会」による、「はやぶさ2応援グルメ・グッズ」の紹介などが行われました。同商店会では、これまでも「銀河をかけるまち ふちのべ」をスローガンとして、宇宙をテーマにしたまちづくりなど地域を盛り上げるための様々な取組を積極的に行っています。
中央区役所としても、今後もJAXAをはじめとした地域資源を生かし、地域の活性化や区の魅力発信に取り組んでまいります。


[画像]「はやぶさWEEK」オープニングセレモニーの記念写真(84.9KB)

5月25日 中央区自転車マナーアップキャンペーン

[画像]中央区自転車マナーアップキャンペーンの様子の写真(34.2KB)

九都県市一斉自転車マナーアップ強化月間の取組のひとつとして、「中央区自転車マナーアップキャンペーン」を実施しました。
中央区では、自転車事故が多発しており、特に今年に入ってからは、前年の事故発生件数を大幅に上回っている状況となっています。
当日は、マスクと手袋を着用し、啓発品を非接触で配布したり、事前に録音したキャンペーンメッセージをレコーダーで流すなど、新型コロナウイルス感染症のまん延防止対策を徹底しての活動となりました。
今後も、地域の皆様や関係団体と協力し、交通事故の減少に向けて様々な取組を進めてまいります。

各地区の総会などに参加

[画像]総会の様子写真(42.9KB)

4月、5月は、様々な団体の総会シーズンです。
各地区の自治会連合会、民生委員児童委員協議会、社会福祉協議会の総会・定例会やまちづくり会議にお邪魔し、着任のご挨拶と日ごろのお礼を申し上げました。コロナ禍でもあり、書面会議や中止になった総会などもございますので、後日改めて、ご挨拶させていただきたいと思います。
皆さまには、日頃より安全で安心して暮らせるまちづくりのために活動し、大変なご尽力をいただいておりますが、区役所では今年度より区政総合推進担当の配置や、中央区では中央6地区まちづくりセンターの設置などにより、機能強化を図りました。今後さらに地域課題の解決や活性化に向けて、地域の関係機関の皆さまと協働して進めてまいりたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

桜美林大学100周年記念事業

桜美林大学プラネット淵野辺キャンパスで開催されている、学園創立100周年記念コンテストにお邪魔し、「これからの『あなたの幸せ』をみせてください」をテーマにした中学生から大学生までの作品を鑑賞いたしました。
「形に残せるもの」という条件だけで自由に制作されたコンテストの作品は、論文・写真集・書・画・記号・音楽(楽譜)など、様々な形となって表現され、学生の発想や創造力のすばらしさに感動するとともに、幸せに対する想いの多さに圧倒されてしまいました。
今後も中央区役所では、学生と協働した事業や意見交換などを実施し、学生たちの大変豊かなアイデアや発想を区政に生かしてまいりたいと考えております。

[画像]展示会場の写真(397.8KB)

4月1日 新区長ごあいさつ

[画像]中央区長 田野倉和美写真(155.5KB)

中央区の皆さま、はじめまして。4月1日に中央区長に就任しました、田野倉和美(たのくらかずみ)です。
中央区は活力ある産業や文化、身近な自然など、多くの地域資源にあふれています。このような多様な魅力ある中央区で仕事ができることを嬉しく思います。
中央区では、令和2年4月から区が目指すまちづくりの方向性を示した「中央区基本計画」がスタートしています。
区民の皆さまとの協働によるまちづくりを大切にしながら、住んで良かった、住み続けたいと実感いただけるよう区政運営に取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします。
一緒に魅力ある中央区を作っていきましょう。

中央区長 田野倉和美


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


中央区役所区政策課
電話:042-769-9802 ファクス:042-757-2941


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.