公文書管理制度について


ページ番号1005786 


公文書の管理の在り方等について

平成24年4月24日に、市長から相模原市情報公開・個人情報保護・公文書管理審議会に対し、「公文書の管理の在り方等」について諮問を行いました。
これを受けて同審議会は、公文書管理に関する学識経験者や公募の市民による公文書管理部会(安藤正人部会長)を設置し、約1年間、全7回にわたった審議の結果をまとめ、平成25年6月17日に、前田成東会長から市長に答申書が提出されました。
市では答申を踏まえ、相模原市公文書管理条例に基づく公文書等の適正な管理や公文書館の整備などに取り組んでいます。

公文書管理条例等について

相模原市では、公文書等の管理に関する基本的な事項を定めることで、公文書の適正な管理と、保存期間が満了した公文書のうち後世に残すべき重要な公文書(歴史的公文書)の適切な保存及び利用等を図るため、平成25年12月24日に相模原市公文書管理条例を公布し、平成26年4月1日に施行しました(歴史的公文書の利用等の規定については、平成26年10月1日から施行)。

歴史的公文書選別基準について

相模原市公文書管理条例第6条第5項に規定する後世に残すべき重要な公文書を選別するための基準(歴史的公文書選別基準)を次のように定めました。

※各実施機関(市長、教育委員会、選挙管理委員会、人事委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会、議会)のものについて取りまとめています。

公文書の作成に関する指針について

相模原市公文書管理条例第5条第2項に規定する公文書の作成に関する指針を次のように定めました。

公文書の廃棄目録について

相模原市公文書管理条例第9条第6項に規定する公文書の廃棄目録について、次のとおり公表します。

公文書の管理等の状況について

相模原市公文書管理条例第10条第2項及び第32条の規定により、平成29年度における公文書の管理等の状況を次のとおり公表します。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


情報公開課(文書班)
電話:042-769-8210 ファクス:042-754-2280


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.