溶融スラグ有効利用関係


ページ番号1011762 


南清掃工場では、生産する溶融スラグ※1についてJIS認証(JIS A5032)を取得し、市が発注する公共工事等に有効利用しています。
溶融スラグが有効利用されることで、マテリアルリサイクルの推進と最終処分場の延命化につながります。
溶融スラグの有効利用の手続きにかかる書類は以下のとおりです。

※1 溶融スラグは、市内で発生した一般廃棄物と北清掃工場の焼却灰をおおむね1,200度以上の高温で溶融した後、冷却固化して得られるガラス質の固化物です。溶融スラグの品質は、JIS規格で定められた環境安全品質基準に基づく溶出量基準及び土壌汚染対策法に基づく含有量基準等に適合するものです。

溶融スラグの利用手続き


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


南清掃工場
電話:042-748-1133 ファクス:042-744-9702


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.