相模原市創業支援融資制度について


ページ番号1003371 


相模原市創業支援融資制度とは

市内で創業する際に必要な資金の融資を、市と金融機関が協力して行うものです。市が利子の一部を負担することで、比較的低利な融資が受けられます(利子補給制度)。また、融資制度を利用する際に、神奈川県信用保証協会(注1)へ支払った信用保証料の一部を補助します(信用保証料補助制度)。ご利用にあたっては、事前に市融資制度取扱金融機関にご相談ください。

(注1)神奈川県信用保証協会は、事業の経営に真面目に努力し、将来に向かって発展の可能性のある中小企業に対して、その借入金の債務を保証することにより、金融機関からの借入を容易にすることを目的とした「公的保証機関」です。

相模原市創業支援融資制度の対象者

「これから創業する個人(市内在住)」または「市内で創業して1年未満の中小企業者」で、次の要件1〜4のすべてに該当する人が対象です。

  1. 次のいずれかに該当するもの
    (1)現在事業を行っていない開業前の市内在住の個人で次のいずれかに該当するもの
    1. 融資申込時点で市内在住であり、1カ月以内に新たに中小企業者として市内で個人事業を開業予定のもの
    2. 2カ月以内に新たに中小企業者として市内で法人事業を開業予定のもの
    (2)市内に開業してから1年未満の中小企業者
  2. 住民税を完納していること。
  3. 行政庁の許認可等を必要とする事業を営むものについては、その許認可等を得ていること。 または取得が確実である見通しがあること。
  4. 神奈川県信用保証協会の創業関連保証または創業等関連保証を付していること。

利子補給制度

市負担利率の利子を市が金融機関に対し支払うことで、利用者の利息負担を軽減します。
ただし、市外へ転出された場合や、融資制度から逸脱する条件変更をされた場合には、利子補給が停止いたしますので、あらかじめご承知おきください。

融資利率-市負担利率=利用者負担利率

2.1%-1.5%=0.6%

信用保証料補助制度

市の融資制度を利用する際に、神奈川県信用保証協会へ支払った信用保証料の80%以内(限度額10万円)を市で補助する制度です。信用保証料を支払う際に、融資を受ける金融機関へ申請書類を提出してください。

(注)なお、受けられた融資を早期に繰上完済をする、若しくは借り換えをすると、神奈川県信用保証協会から信用保証料の一部が返戻されることがあります。それにより市からの補助金が過払いになる場合は、過払いとなった補助金を市へ返還していただきます。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


産業政策課(産業政策班)
電話:042-769-8293 ファクス:042-754-1064


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.