相模台地区ニュース


ページ番号1009585 


令和元年9月1日 相模台地区総合防災訓練を実施しました

令和元年9月1日(日曜日)、相模台地区総合防災訓練を実施しました。
相模台地区では、毎年9月の第1日曜日を「相模台防災の日」と定め、地区全体で総合防災訓練を実施しており、今年で5回目となりました。
訓練では、午前9時に相模原市東部直下地震が発生したことを想定して震災発生直後の自主防災隊の活動、避難所・救護所の開設、連合自主防災隊・現地対策班の情報整理をシミュレーションしました。
地区内すべての自治会、避難所、救護所が同時に活動し、今後の地域防災の参考となる充実した訓練となりました。

[画像]防災隊本部の写真(64.7KB)
[画像]避難所の写真(253.0KB)

令和元年6月7日 相模台地区防災ネットワーク協議会が開催されました

令和元年6月7日(金曜日)、第12回目となる相模台地区防災ネットワーク協議会を開催しました。
この協議会は、防災に関する研修や情報交換等を通して、地区内の団体や施設がいざという時にスムーズに連携できるよう、顔の見える関係をつくることを目的に開催されており、今回は、まちづくり会議委員、避難所・救護所関係者、各自主防災隊、地区内の団体や施設などから約100名の方にご参加いただきました。
協議会では、熊本地震の際に避難所に派遣された相模原市職員の報告、地区で防災の日と定めている9月の第1日曜日(今年は9月1日)に一斉に行う防災訓練の概要について説明がありました。
その後、避難所ごと分かれ打合せを行い、災害対応に対する様々な意見や価値観を共有するとともに、団体間のコミュニケーションを深めました。

[画像]会議の写真1(67.1KB)
[画像]会議の写真2(69.8KB)
[画像]打合せの写真(61.9KB)

令和元年5月17日 若草中学校で自転車マナーアップ講習会を開催しました

令和元年5月17日(金曜日)5,6時間目を利用し、相模台地区自治会連合会と若草中学校の共催による「自転車マナーアップ講習会」の授業を開催しました。
事故現場を再現して見せ、危険行為を未然に防ぎ、交通ルールの大切さを学ぶ「スケアードストレイト方式」で行いました。
自転車に乗っているのが、自分だったら…、友達だったら…、家族だったら…と想像しながら、真剣に見ています。

[画像]講習会の写真(82.3KB)
[画像]見学中の写真(57.3KB)

大型車の左折による巻き込み事故で、若い命が失われていることを受け、車のピラー(車体側面部の柱)の死角を右腕で再現。細い幅の中に自転車がスッポリ消えてしまう事を確認しました。
この事業は、相模台地区自治会連合会と地区内の3中学校の協働により実現した事業で、来年度は麻溝台中学校、再来年度は相模台中学校と3か年計画で相模台地区の全中学校で開催する予定です。

過去の相模台地区ニュース

過去の相模台地区ニュースは、次のリンクからご覧ください。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


相模台まちづくりセンター
電話:042-744-1609 ファクス:042-744-3194


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.