大野南地区


ページ番号1009564 


大野南地区の概要

[画像]bono全景の画像(47.5KB)

大野南地区は、南区役所が設置されている地区で、昭和初期の小田急線相模大野駅開業時から東京や横浜のベッドタウンとして発展をしてきたまちです。
地区内には、かつては米軍関連施設がありましたが、昭和56年4月に返還され、その跡地には舞台芸術の鑑賞・発表の場となる「相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館)」や市民の憩い場としての「相模大野中央公園」、都市型百貨店などが建設されるなど、市の南の玄関口として充実発展しており、人口が区内で最も多いことが特徴となっています。
平成25年3月には、相模大野駅西側地区にショッピングモールや大規模な都市型住宅を含む大型複合施設が完成し、建物内には「パスポートセンター」や「ユニコムプラザさがみはら(市民・大学交流センター)」など市民の暮らしに役立つ公共施設も新たに加わり、市内外から人が集う賑わいと魅力のあるまちづくりが展開されています。

大野南地区の区域

上鶴間1丁目の一部・2丁目・3丁目・6丁目の一部、上鶴間本町、鵜野森3丁目の一部、旭町、栄町、豊町、相模大野、文京、御園1〜3丁目、若松2丁目の一部・3丁目の一部・5丁目の一部

まちづくり会議について

地域活性化事業交付金について

制度概要、対象事業等について

大野南地区の募集状況及び申請状況について

大野南地区で行われている活動など

大野南地区 防災ガイド


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


大野南まちづくりセンター
電話:042-749-2217 ファクス:042-749-2116


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.