高齢者の事故や犯罪被害の減少に向けて


ページ番号1013415 


慣れた道でも安全運転を!

電話でお金の話が出たら、詐欺を疑って!

近年では、高齢者が歩行中や自転車乗車中に被害に遭うだけでなく、自動車運転者として加害者になるケースが増加しています。さらには、自宅の近くで発生する自転車事故も増加傾向にあります。また、振り込め詐欺の手口も巧妙化しており、犯罪被害に遭うケースも後を絶たないなど、高齢者の交通安全及び防犯対策への意識向上が求められています。
こうした中、平成30年11月30日、相模原赤十字病院及び相模原協同病院において、高齢者等対策キャンペーンを実施しました。当日は、病院利用者等に対して、交通安全や防犯対策の啓発物品を配布し、普及啓発に努めました。
今後も、緑区では、高齢者の人に向けた交通安全や防犯対策の普及啓発を推進します。

相模原赤十字病院

[画像]相模原赤十字病院でパトロールを行っている様子の写真(140.1KB)

相模原協同病院

[画像]相模原協同病院でパトロールを行っている様子の写真(155.7KB)

このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


緑区役所地域振興課
電話:042-775-8801 ファクス:042-700-7002


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.