市長のページ


ページ番号1000116 


ようこそ市長のページへ

[画像]写真:市長(19.7KB)

皆さま、こんにちは。

昭和29年11月20日、人口8万人でスタートした相模原市は、人口急増や基地問題など、幾多の課題を先人の英知とたゆまぬ努力によって乗り越え、着実な発展を続けています。

現在、わが国の経済は、緩やかに回復しておりますが、変動が著しい国際情勢や海外経済にも注視する必要があります。
また、人口減少や少子高齢化の進行が見込まれる中、国においては、子どもから高齢者までを対象とする全世代型の社会保障制度の確立や、地域の活性化と人口減少抑制をめざす地方創生、誰もが生きがいを感じ、その能力を思う存分発揮することができる一億総活躍社会の実現などに取り組み、持続的な経済成長や、誰もが安心できる社会基盤の構築をめざすこととしています。

本市といたしましては、国際情勢や国の動きを的確に捉えながら、誰もが将来に夢や希望を持ち、安全で安心して暮らすことができる地域社会を実現するため、「新・相模原市総合計画 基本計画」の最終年度に向けて施策を着実に推進するとともに、次期総合計画の策定に向けた取組を進め、将来を見据えた市政を展開します。

今年度は、市政運営にあたっての重要な視点として次の3点を掲げ、本市の更なる発展に向けた施策を推進します。
1つ目は、『誰もがともに理解し、支え合うまちづくり』です。
誰もが安全で安心して暮らせる地域社会の実現に向け、子育て支援、福祉、人権等の諸施策をはじめ、住民同士のつながりをより深め、地域における支え合いの輪を広げる取組を進めます。
2つ目は、『夢と希望があふれるまちづくり』です。
未来を担う子どもたちが、夢と希望を持ちながらいきいきと成長し、活躍できる社会の実現に向け、子どもの貧困対策、ひとり親家庭等への支援、学力保障の取組などを総合的に推進します。
3つ目は、『将来にわたり、活力と魅力に満ちたまちづくり』です。
「相模原市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき、少子化対策、雇用促進、中山間地域対策など、出生率の向上や転出抑制・転入増加につながる施策を進めます。
また、リニア中央新幹線駅が設置される橋本駅周辺地区と、相模総合補給廠の一部返還地等の早期利用や小田急多摩線の延伸に取り組む相模原駅周辺地区を一体とした広域交流拠点の形成など、本市の資源やポテンシャルを最大限に生かす取組を着実に進め、本市が将来にわたり「人や企業に選ばれる都市」となるよう取り組みます。

市民一人ひとりが抱える課題がますます多様化・複雑化している中、市民の皆さまの声を真摯に受け止め、課題の解決に向けて市民とともに取り組み、歩んでいく姿勢が、行政に求められています。
市民の皆さまが将来に夢と希望を持ち、安心して笑顔で暮らすことができる地域社会の実現と、本市の輝かしい発展に向け、全力で市政に取り組んでまいりますので、皆さまのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

[画像]相模原市長 加山俊夫(自筆の署名)(8.8KB)

トピックス

施政方針演説(3月定例会開会あいさつ)

フォトレポート

節目のシーズン、頂点を目指して 〜ノジマ相模原ライズ2018開幕〜

[画像]写真:ノジマ相模原ライズと市長(54.8KB)

ノジマ相模原ライズの石井光暢 代表、須永恭通ヘッドコーチ、伊倉良太キャプテンなどにお越しいただき、8月に開幕する2018年シーズンにかける熱い思いを伺いました。
新たな選手が加入するなど一段とパワーアップしたチームは、節目となる10年目のシーズンに挑みます。
チーム一丸となって念願の日本一を目指すライズを、市民の皆さんもぜひスタンドで応援してください。



メニュー

出演番組

ラジオ


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


秘書課
電話:042-754-1111(代表)


[0] トップページ

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.