未成年者契約の取消しってなに?


ページ番号1017577 


未成年者契約の取消しとは

未成年者(20歳未満の人。令和4年4月からは18歳未満の人。)は、成年者と比べて取引の経験や知識が不足し、判断能力も十分ではありません。未成年者が契約をするときは、原則として法定代理人(親権者。親権者がいない場合は未成年後見人。)の同意が必要となっています。
そのため、未成年者が法定代理人の同意を得ずに結んだ契約は、取り消すことができると民法に定められています。これが未成年者契約の取消しです。
ただし、次のような場合は取消しができません。

取消しができないとき

ご不明な点は、消費生活総合センター(電話042-776-2511)に相談してください。

取消しの効果

契約の取消しをすると、契約時にさかのぼって最初から無効なものとされます。

手続き方法

未成年者契約の取消しは口頭でも有効ですが、後日のトラブルを防ぐためにも、はがきなどの書面で通知することが望ましいです。未成年者本人からでも、法定代理人からでも取消しができます。

ポイント

記載例

未成年者本人からの取消しの場合

[画像] 取消通知書  ○○県○○市○○町○丁目○番地  ○○株式会社 代表者○○○○ 様  私は令和○年○月○日に貴社(担当者○○氏)との間で○○(価格○○円)を契約しましたが、未成年者の私が親の同意なしに行ったものであり、取り消します。  つきましては、当該契約に際して支払いました金○○円は、速やかに下記の口座に振り込んでください。 ○○銀行 ○○支店 普通預金 口座番号○○○ また、商品は早急に引き取ってください。  令和○○年○○月○○日 〒○○○−○○○○ 相模原市○○区○○町○丁目○番○号 ○○○○(未成年者本人の氏名)(91.5KB)

法定代理人(親権者等)からの取消しの場合

[画像]取消通知書  ○○県○○市○○町○丁目○番地  ○○株式会社 代表者○○○○ 様  私どもの子ども○○○○(○○歳)が、令和○年○月○日に貴社(担当者○○氏)との間で○○(価格○○円)を契約しましたが、未成年者が親の同意を得ずに行ったものであり、親権者として契約を取り消します。  つきましては、当該契約に際して支払いました金○○円は、速やかに下記の口座に振り込んでください。 ○○銀行 ○○支店 普通預金 口座番号○○○ また、商品は早急に引き取ってください。  令和○○年○○月○○日 〒○○○−○○○○ 相模原市○○区○○町○丁目○番○号 ○○○○(親の氏名)(96.3KB)

このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


消費生活総合センター
電話:042-776-2598 ファクス:042-776-2814


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.