台風などの災害に便乗した悪質商法にご注意を!


ページ番号1014550 


台風や大雨などの災害時には、それに便乗した悪質商法が多数発生します。不審な電話や訪問を受けたなど、困ったときや心配なときは、消費生活総合センターに相談しましょう。

災害対策本部などと名乗り、被災状況や個人情報を聞き出そうとする電話があったとの情報が寄せられています。相模原市ではこのような電話はしていません。

トラブル事例

住宅の修理に関する事例(1)

「火災保険を利用すれば、自己負担なしで台風で壊れた屋根の修理ができる。保険の申請も代行する。」と業者が訪ねてきたので契約した。後日、不信感を覚え解約を申し出たところ、高額な解約料を請求された。

住宅の修理に関する事例(2)

業者と契約書を交わすことなく、自宅の修理をしてもらったところ、高額な修理代金を請求された。

住宅の修理に関する事例(3)

台風で自宅の屋根瓦がずれ、見積もりのつもりで業者を呼んだところ、屋根にビニールシートをかけられ、高額な作業料金を提示された。仕方なく払ったが納得できない。

義援金・寄付金に関する事例(1)

市役所の者だと名乗る人が自宅に来訪し、義援金を求められた。

義援金・寄付金に関する事例(2)

ボランティアを名乗る人から寄付を求める不審な電話があった。

アドバイス

依頼していないのに、訪問や電話でしつこく勧誘してくる事業者には、特に注意してください。

住宅の修理について

義援金・寄付金について

市役所が電話や直接訪問して義援金を求めることはありません。

相談窓口

相模原市民の人

消費生活総合センター 電話042-776-2511

それ以外の人

消費者ホットライン 電話188(局番不要)
最寄りの消費生活センターにつながります。


消費生活総合センター
電話:042-776-2598 ファクス:042-776-2814


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.