消費生活に関する講座・イベント等情報


ページ番号1008564 


講座・イベント等情報

1〜3月 若者向け悪質商法被害防止共同キャンペーン

[画像]ポスター画像(89.9KB)

学生など若者に多い消費者トラブル一覧

イラスト:Copy right:KANAGAWA2013

1.インターネット通販

[画像]イメージイラスト1(8.2KB)

お試しのつもりで買ったサプリメントが、4回の継続購入が条件となっていた。

2.投資、情報商材

[画像]イメージイラスト2(7.3KB)

SNSでFXの情報商材を知り、セミナーに出かけ契約したが、無価値な内容だった。
※FXとは、外国の為替を売り買いして利益を生む取引のことです。

3.マルチ商法

[画像]イメージイラスト3(8.1KB)

「友達を紹介すると報酬が得られる」と言われ、借金をして契約したが、解約したい。

4.エステティックサロン

[画像]イメージイラスト4(6.7KB)

レーザー脱毛を受けたらじんましんが出て、完治に半年かかると言われた。

5.賃貸アパート

[画像]イメージイラスト5(9.5KB)

賃貸アパートを退去し3カ月になるが、敷金が帰ってこない。

6.その他のトラブル

[画像]イメージイラスト6(9.6KB)

特別電話相談 「若者トラブル188番」

友人に紹介すれば『簡単にもうかる』と言われて高価な商品を契約してしまったがやめたい」「利用した覚えのないサイトから請求が来た」などの契約トラブルや悪質商法は、消費生活総合センターへご相談ください。

若者向け悪質商法被害防止共同キャンペーンとは

若者の悪質商法被害の未然防止・早期発見を図るため、毎年1月〜3月に関東甲信越ブロック1都9県6政令指定都市と国民生活センターの共同で集中的に啓発を実施します。

参加機関

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、栃木県、茨城県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、新潟市、国民生活センター及び相模原市

消費生活基本計画策定シンポジウムを開催しました(11月20日)

令和2年度から始まる第2次相模原市消費生活基本計画の策定に当たり、消費社会を考えるシンポジウムを開催しました。
基調講演には、スターバックスコーヒージャパン株式会社の普川チームマネージャーにご登壇いただき、コーヒー豆かすや牛乳パックの再資源化など、企業が取組む生産から消費にわたる環境負荷低減について、興味深いお話をしていただきました。
その後のパネルディスカッションでは、本市消費生活審議会会長で東京家政学院大学の上村教授にコーディネーターとして進行をしていただき、講演をされた普川チームマネージャーに加え、NPO法人さがみはら環境活動ネットワーク会議の斉藤事務局長、桜美林大学学生の香川さんに登壇いただきました。
香川さんが大学内で行ったごみの組成調査から、ごみの分別が十分されていないという実態のお話や、斉藤事務局長が携わっている生ごみのたい肥化事業のお話などのほか、3人がそれぞれの立場から連携ができないか提案をしあう場面もあり、持続可能な社会を実現するために活発な議論がありました。

[画像]シンポジウムの様子の写真(140.2KB)

第51回 みんなの消費生活展を開催しました(10月18日・19日)

[画像]sdgsのマーク(3.8KB)

食や商品に関する安全や契約トラブルへの対処法など、知って役立つ暮らしの情報について、消費者団体や企業・学校などが展示や実演を行いました。持続可能な社会を目指すSDGsアイコンを使用したスタンプラリーの参加者には、福祉事業所で作られたクッキーやラスクなどのほか、リサイクルされたおもちゃをプレゼントしました。
ステージイベントでは、ボッチャ体験会やコンサート、福島県在住の方による「ふくしまの今を語る人 講演会」などを行い多くの参加者で賑わいました。
また、家庭で余った食品を寄付するフードドライブを実施し、多くの食品の提供がありました。

[画像]消費生活展の様子の写真(234.0KB)

高齢者被害防止キャンペーン月間(9月)

関東甲信越ブロック(1都9県6政令指定都市及び(独)国民生活センター)が合同で行う悪質商法被害防止共同キャンペーンを令和元年9月1日(日曜日)から30日(月曜日)まで実施します。消費者トラブルに関する相談は複雑化・多様化しています。被害の防止・早期発見には、高齢者本人の注意に加え、周りの方の見守り(※)が重要です。

「見守り」とは

ご家族やヘルパーなど、周りの方からの声かけにより、高齢者が消費生活センターへ相談することによって、消費者被害防止を図る取組のこと。

高齢者重点相談 〜そのトラブル、消費生活相談してみませんか?〜

※来所での相談も可能です。まずはお電話ください。

本市の消費生活相談状況 〜相談者の二人に一人が60歳以上?!〜

最近寄せられたトラブル事例 〜こんなトラブルにご注意!〜

1.架空請求・ワンクリック詐欺

2.電話勧誘

3.インターネット通販

高齢者被害防止キャンペーン月間チラシ

消費者被害の未然防止・早期発見にお役立てください(ご自由にコピーしていただいて構いません)

[画像]令和元年度高齢者被害防止キャンペーン月間チラシの表面(48.0KB)
[画像]令和元年度高齢者被害防止キャンペーン月間チラシの裏面(60.4KB)

みんなで気をつけよう!
消費者トラブル防止演劇&商品テスト施設見学会

5月は消費者月間です。様々な手口で巧みにだまそうとする悪質な業者の魔の手から、自分や周りの人を守るため、事例や対策を楽しく学び、悪質商法を撃退しましょう。

第1部 消費者トラブルから高齢者を守れ!!

中学生による演劇を開催します。
いつどこで悪質な業者から誘いが来るか分かりません。
もし自分にこんなことが起こったら・・・
演劇を見て疑似体験してみませんか?

15分の演劇を3つ行います。
テーマは、不用品の買い取り、健康食品送り付け、排水管の洗浄、物干し竿の販売、資産運用など色々ありますが、何をやるかは当日までのお楽しみ!
 

第2部 商品テスト施設見学会

普段の生活で使用しているその商品、安全か気になりませんか?
国民生活センターでは、日頃から皆さんが使う身近な商品について、生活者目線で安全性などのテストを行っています。
この機会に、日常生活の安全・安心を支える現場を見てみませんか?

〜過去に見学した人の声〜

 

※見学する際、階段の昇り降りがあります。

[画像]商品テスト中、スプレーをかけて火が増すことを示している写真(35.2KB)
共通

※第1部・2部いずれかのみの参加も可能です。
※車での来場を希望される場合は、事前にご相談ください。

展示

特別展示

随時、市役所本庁舎等市内の様々なところで放送しています。

高齢者見守り啓発動画「あなたの周りにこんな高齢者いませんか?」

消費者トラブル注意喚起動画「そこのあなた…もしかして、だまされていませんか?」

北消費生活センター 常設展示室

[画像]北消費生活センター 常設展示室の写真(62.5KB)

消費生活に関するパンフレットやパネルなど、くらしに役立つ様々な情報を展示しています。
啓発グッズやリーフレットなど、ご自由にお持ちいただけるものもありますので、お気軽にお立ち寄りください。
おつかいすごろくやよいこのぬりえなど、お子様も楽しめるコーナーもご用意しております。

相模原市役所 食堂トレー

高齢者等の消費者被害を防止するため、市役所食堂トレーに啓発シールを貼付け、高齢者見守りのPRを始めました。
消費者被害を防ぐためには、高齢者等ご本人が気をつけるだけでなく、家族や近所など周りの方々による「見守り」が非常に重要になります。

食堂の営業時間などの詳細は次のページをご覧ください。

[画像]シールの画像(80.3KB)
[画像]トレーの画像(11.6KB)

過去に実施した講座・イベント情報


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


消費生活総合センター
電話:042-776-2598 ファクス:042-776-2814


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.