危険物施設における風水害対策の徹底について


ページ番号1017600 


近年、台風や豪雨による大規模な風水害が全国で相次いで発生しております。危険物施設においても、浸水、土砂流入、強風等による被害が発生しています。危険物は火災発生の危険性が大きく、なかには水と接触することで激しく反応するものがあります。また、ひとたび流出すると、回収が困難で周囲の環境にも影響を及ぼします。

危険物施設関係者の皆様におきましては、既に対策をとられていることと存じますが、下記の留意事項をご確認いただき、必要な措置を講じていただくようお願いします。

[画像]風水害のイラスト(23.0KB)

危険物保安上の留意事項

平時からの備え

事前の備えの例

風水害の危険性が高まってきた場合の応急対策

浸水・土砂対策の例

強風対策の例

停電対策の例

 

天候回復後の点検・復旧


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


危険物保安課
電話:042-751-9136(危険物班)
電話:042-751-9137(ガス・火薬保安班)
ファクス:042-786-2472


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.