第8回 「消防大学校「女性活躍推進コース」に入校して」


ページ番号1013647 


皆さん、消防には「学校」がふたつあることをご存知ですか?
ひとつは、「消防学校」です。消防の基礎を学ぶため、主に都道府県ごとに設置されています。そしてもうひとつは、「消防大学校」です。日本に1校しかなく、全国の消防士が集まり、幹部職員としての高度な知識・技術を学びます。
今回は、消防大学校の「女性活躍推進コース」に入校した山田主査から、消防大学校のことや授業について、話を聞いてみました。

Q.消防大学校はどのようなところですか?

A.消防大学校は、火災などの災害現場を模擬体験できる様々な訓練施設が備わっており、実践的な災害対応技術を学ぶことができるところです。
また、人事交流や情報交換も行われ、「ニュースで見たあの災害ではどんな活動をしたの?」など、実際に活動した隊員から具体的な話を聞くことができます。

[画像]活動の写真(47.1KB)

Q.「女性活躍推進コース」では、どのような授業が行われましたか?

A.授業では、「女性が消防士として活躍するには?」とのテーマを研究し、「男性も女性もそれぞれの特性を活かして行こう!」という考えにいたりました。
その他、隊長として複数の部隊を指揮する訓練や部下の指導育成方法などの授業を行い、女性活躍推進のための取組みを学びました。

[画像]授業の様子(87.9KB)

Q.これから消防士を目指す皆さんに一言お願いします。

A.大切なのは、「自分を知ること」だと消防大学校での研修を通して学びました。得意分野は何か?それを活かせる仕事は何か?男性も女性も、それぞれの能力を活かして仕事ができたら、よりよい成果が上げられると思います。夢と現実の狭間で悩むこともあると思いますが、進む道を選んだら自分を信じて頑張ってほしいと思います。

[画像]集合写真(78.5KB)


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


消防総務課
電話:042-751-9105 ファクス:042-786-2471


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.