スプレー缶等の穴あけによる火災にご注意


ページ番号1013133 


スプレー缶等(可燃性ガスを噴射剤とした消臭剤、整髪剤、制汗剤等のスプレー缶や簡易型ガスコンロの燃料に用いられるカセットボンベ)の穴あけに起因した火災、負傷者が発生しています。

スプレー缶等の中身が残ったまま穴を開けてしまうと、缶内に充填されていた可燃性ガスが穴から一気に噴き出し、近くでコンロやストーブなどの火気を使用していると、ガスに引火し火災が発生する恐れがあります。
スプレー缶等に穴を開ける場合は、必ずスプレー缶の中身を使い切っていることを確認し、風通しが良く、近くで火気を使用していない場所で行ってください。

※中身が使い切れない場合は、商品に記載されている注意表示や販売元にお問い合わせください。

相模原市内で発生した事例

事例1

調理中のガスコンロ付近で、消臭スプレー缶を廃棄するためガス抜き器で穴を開けたところ、消臭スプレー缶内に残っていた可燃性ガスが噴き出し、ガスコンロの火がガスに引火し火災となりました。
なお、この火災により、行為者は顔や腕にやけどを負いました。

事例2

調理中のガスコンロ付近で、整髪スプレー缶を廃棄するためガス抜き器で穴を開けたところ、整髪スプレー缶に残っていた可燃性ガスが噴き出し、ガスコンロの火がガスに引火し火災となりました。
なお、この火災により、行為者は顔や腕にやけどを負いました。

事例3

ガスコンロで調理中、未使用の整髪スプレー缶を廃棄するためシンク内で穴を開けてガス抜きをしていたところ、ガスコンロの火が放出中のガスに引火し火災となりました。

事例4

飲食店の厨房内で、カセットボンベを廃棄するため缶切りで穴を開けたところ、カセットボンベ内に残っていた可燃性ガスが噴き出し、近くで使用していたガスコンロの火がガスに引火しましたが、幸い火災には至りませんでした。

※スプレー缶等のごみの出し方はこちら


予防課
電話:042-751-9117(予防班)
電話:042-751-9133(消防設備班)
ファクス:042-786-2472


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.