スプレー缶等による火災にご注意ください


ページ番号1013133 


スプレー缶等(可燃性ガスを噴射剤とした消臭剤、整髪剤、制汗剤等のスプレー缶や簡易型ガスコンロの燃料に用いられるカセットボンベ)に残った中身をカラにするときや穴をあけるときは、次の点にご注意ください。

必ず、火気のない、風通しのよい屋外で行ってください。

※コンロやストーブのある部屋、火の気のある場所は危険です。
※中身が使い切れない場合は、商品に記載されている注意表示や販売元にお問い合わせください。

本市でもスプレー缶等に穴をあけるときやコンロ、ストーブの近くに置いた場合など、スプレー缶等に起因した火災、負傷者が発生しています。

相模原市内で発生した事例

事例1

調理中のガスコンロ付近で、消臭スプレー缶を廃棄するためガス抜き器で穴をあけたところ、消臭スプレー缶内に残っていた可燃性ガスが噴き出し、ガスコンロの火により引火し火災となりました。
この火災により、行為者の方が負傷しました。

事例2

飲食店の厨房内で、カセットボンベを廃棄するため缶切りで穴をあけたところ、カセットボンベ内に残っていた可燃性ガスが噴き出し、近くで使用していたガスコンロの火により引火しました。

事例3

ガスコンロの横に使用済みのカセットボンベを置いていたため、カセットボンベが過熱され、ボンベ内の圧力が高まり破裂し、火災となりました。
この火災により、付近にいた人達が負傷しました。

事例4

石油ファンヒーターの近くにスプレー缶を置いていたため、スプレー缶が過熱され、缶内の圧力が高まり破裂し、火災となりました。
この火災により、居住者の方が負傷しました。

※スプレー缶等のごみの出し方は次のページをご参照ください。

スプレー缶による火災(噴射可燃性ガス爆発実験)【千葉市消防局提供】


予防課
電話:042-751-9117(予防班)
電話:042-751-9133(消防設備班)
ファクス:042-786-2472


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.