スプレー缶・カセットボンベの出し方


ページ番号1008338 


[画像]ボンベ(15.1KB)

必ず中身をカラにしてから火気に注意し、風通しのよい屋外で穴を開けて出してください。

資源の回収時に、中身が残っていて穴の開いていないカセットボンベやスプレー缶が多く出されています。資源回収車の火災や処理施設での爆発事故の原因となり、人命にかかわる重大な事故につながる恐れがあります。

 

正しい出し方

必ず、火気のない、風通しのよい屋外で行ってください!
[画像]分別戦隊シゲンジャーのイラスト(8.4KB)

STEP1 缶をカラにする

STEP2 缶がカラになったか確認する

スプレー缶で中身が残っているものは市では処理できません。「日本エアゾール協会」のホームページを参考にしていただくか、または、メーカーによっては回収をしている場合がありますので、各メーカーにお問い合わせください。
カセットボンベで中身が残っている場合は、カセットボンベお客様センター(フリーダイヤル0120-14-9996)へお問い合わせください。

STEP3 ガス抜きキャップを使って、ガスを抜く

STEP4 穴を開ける

STEP5 資源に出す


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


資源循環推進課(美化啓発班)
電話:042-769-8334 ファクス:042-769-4445


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.