「一般ごみ収集運搬体制の見直し」に係る答申について


ページ番号1008264 


平成27年6月11日(木曜日)に、廃棄物減量等推進審議会から市長に対し、「一般ごみ収集運搬体制の見直し」について答申がありました。

内容

田所昌訓審議会会長と三田明弘委員(答申案策定部会長)から梅沢副市長へ答申書が手渡されました。

[画像]答申の写真1(20.9KB)
[画像]答申の写真2(21.9KB)

答申の経過

市では、基本理念である「ともにつくる資源循環型都市 さがみはら」の実現のため、相模原市一般廃棄物処理基本計画に基づき、ごみの減量化・資源化を着実に推進していくため、様々な施策を進めているところです。
こうした中、更なるごみの減量化・資源化と最終処分場の延命化を図るため、一般ごみの収集回数を見直すなどの「一般ごみ収集運搬体制の見直し」について、平成26年11月4日に市長から同審議会に対し諮問し、このたび答申がされたものです。

今後の予定

同審議会からの答申を受け、一般ごみの収集回数の見直しに向けて具体的な検討を行います。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


廃棄物政策課
電話:042-769-8336 ファクス:042-769-4445


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.