スケートボードの国際大会入賞を白井選手が市長へ報告


ページ番号1017576 


2020年東京オリンピック競技大会スケートボード競技の出場選手選考大会である2019 SLS World Tour RONDON及びLOS ANGELESをはじめ、エクストリーム(過激な)スポーツの祭典として世界中から注目を浴びているX GAMES Minneapolis 2019などで好成績を収めた白井空良選手が市長へ報告を行いました。
スケートボード競技は、2020年東京オリンピック競技大会において初めて採用された競技で、発祥地のアメリカの強さが他国を圧倒する中、白井選手は、市内在住・在学のプロスケーターとして、一昨シーズン頃からいくつもの世界大会で活躍されています。
白井選手からは、「5歳から始めたスケートボードは、今ではオリンピック選考大会に出場し、結果を残せるまでになった。次の目標は、2020年東京オリンピック競技大会に出場することなので、次の選考大会でも、少しでも良い成績を残したい。」と次回大会に向けた意気込みが述べられました。
本村市長からは、「市内在住の学生が優秀な成績を収めたことを光栄に思う。オリンピックに出場することは決して簡単なことではないが、是非、出場を目指して頑張って欲しい。」とお祝いの言葉を述べるとともに、優秀な成績を残された方に授与される称讃の楯を送りました。

[画像]白井選手と市長の写真(49.8KB)

このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


スポーツ課(スポーツ振興班)
電話:042-769-9245 ファクス:042-754-7990


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.