車いすテニス世界国別選手権「ワールドチームカップ」 日本代表の中澤監督がクァード部門優勝を市長へ報告


ページ番号1017114 


令和元年5月13日(月曜日)から5月18日(土曜日)にイスラエルで開催された車いすテニス世界国別選手権「ワールドチームカップ」の日本代表監督を務め、クァード部門を優勝に導いた中澤監督が市長へ報告を行いました。
中澤監督は、日本代表の監督として選手を指導するだけでなく、本市において車いすテニスサークルを運営し、活発かつ継続的に活動を行うなど、車いすテニスの普及及び発展に尽力されています。
中澤監督からは、「男子・女子・クァードと長年に渡り指導してきましたが、クァードだけは結果が出せないでいた。そんな中、手にした20年越しの初優勝に、正直ホッとしている。また、男子は3位、女子も2位と健闘した。女子については、強豪オランダをあと一歩のところまで追いつめたが、タイブレークの末に敗れてしまった。これからは、パラリンピックに向けて気持ちを入れ替え、全部門での優勝を目指していきたい。」と報告がありました。
本村市長からは、「素晴らしい功績を残され、大変光栄に思う。本市としても、障害者スポーツの普及をはじめ、障害者の雇用や活躍の場を増やしていきたいと考えている。パラリンピックも近いので、引き続き頑張っていただきたい。」とお祝いの言葉を述べるとともに、優秀な成績を残された方に授与される称賛の楯を送りました。

[画像]記念写真(139.0KB)

このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


スポーツ課(スポーツ振興班)
電話:042-769-9245 ファクス:042-754-7990


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.