第18回全日本少年少女空手道選手権の結果を教育長へ報告


ページ番号1015056 


平成30年8月4日・5日に東京武道館で開催された「第18回全日本少年少女空手道選手権大会」の1年生女子組手で優勝した中村心美(ここみ)選手(藤野小学校1年生)、6年生男子組手で3位入賞した、中村太耀(たいよう)選手(藤野小学校6年生)が教育長へ報告を行いました。
心美選手は「初めての大会で優勝できて嬉しい。大会6連覇目指してこれからも頑張ります。」と力強い挨拶があり、太耀選手は「最後の全国大会で優勝できなかったことは悔しいですが、3位に入賞できてよかったです。」と報告がありました。
野村教育長は、「厳しい予選を勝ち抜き県の代表になり、全国大会で活躍することは大変素晴らしい。日々の練習で身体だけでなく、心も鍛えられていると思うので、困っている人を助けられる優しい人になってほしい。今後の活躍も期待しています。」とお祝いの言葉を述べました。

[画像]野村教育局長と中村心美選手、中村太耀選手の記念写真(71.8KB)

このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


スポーツ課(スポーツ振興班)
電話:042-769-9245 ファクス:042-754-7990


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.