全国高等学校選抜大会に出場する市内高校生が教育長へ意気込みを報告


ページ番号1013682 


平成29年度全国高等学校選抜大会へ出場する相模原市内の6校152名の監督・選手を代表して、2校7名の監督・選手たちが3月7日に市役所を訪問し、野村教育長へ出場を報告しました。
報告に訪れたのは、光明学園相模原高校のソフトボール部(男子・女子)、新体操部(男子)、空手道部(女子)、相模女子大学高等部の体操部(女子)です。
選手たちは、「大会では先生・チームメイトを信じて日ごろの練習の成果を発揮し、1つでも上位にいけるよう頑張ります。」や、「日ごろ支えてくれている人に感謝の心を忘れずに1戦1戦全力でプレーしてきます。」、「自分たちのベストパフォーマンスができるよう頑張ってきます。」など、それぞれ力強く意気込みを語りました。
野村教育長からは、「全国大会に出場される皆さんは相模原市の誇りです。大会では悔いのない演技・プレーをし、この経験をこれからの競技人生の大きなステップの1つとして、今後も活躍することを期待しています。」と激励の言葉がありました。

[画像]全国高等学校選抜大会に出場する市内高校生と教育長の集合写真(97.8KB)

このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


スポーツ課(スポーツ振興班)
電話:042-769-9245 ファクス:042-754-7990


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.