外国選手団の事前キャンプ誘致の取組について


ページ番号1010082 


相模原市では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会における外国選手団の事前キャンプの誘致に取り組んでおり、平成29年6月にブラジル選手団、平成30年1月にカナダボートチームが、市内での事前キャンプの実施を決めました。
2020年には両国の代表選手が市内の身近なスポーツ施設で練習を行います。夢の舞台へと向かう選手たちを温かくお迎えしましょう。

事前キャンプとは

外国選手が、移動や時差による身体への負担を軽減するとともに、本大会により近い気象条件や環境下で練習することで、選手のコンディション調整やパフォーマンス向上を目的に行うものです。オリンピックの事前キャンプは、概ね大会前の2〜3週間程度行われると言われています。

ブラジル選手団の事前キャンプについて

[画像]ブラジルとの覚書の締結式の写真(12.7KB)

平成29年6月25日に、本市とブラジルオリンピック委員会、日本オリンピック委員会との間で、東京2020大会における事前キャンプに関する覚書を締結しました。2020年には、さがみはらグリーンプール(競泳、飛込など)、相模原ギオンスタジアム(女子サッカー)、総合体育館(女子バレーボールなど)でブラジル代表選手が事前キャンプを行う予定です。
今後、ブラジルと相模原市との交流がより一層活発となり、スポーツをはじめ、さまざまな分野で友好関係を深めていけるよう取り組んでいきます。

市内で実施を予定している種目について

利用する施設について

プレキャンプについて

いくつかの種目は、東京2020大会だけでなく、その前に日本で開催される国際大会等にあわせてキャンプを行う予定です。平成30年度は、夏には水泳のチームが、秋には女子バレーボールのチームが、それぞれキャンプの実施を予定しています。選手団の来日にあわせた交流事業などの詳細は、決まり次第お知らせします。
なお、キャンプ実施期間中は、施設の利用が一部制限されます。皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

カナダボートチームの事前キャンプについて

[画像]カナダとの締結式の写真(14.0KB)

平成30年1月20日に、本市とカナダボート協会、日本ボート協会、神奈川県との間で、東京2020大会における事前キャンプに関する覚書を締結しました。2020年には県立相模湖漕艇場で、ボート競技のカナダ代表選手が事前キャンプを行う予定です。
相模湖は1964年の東京オリンピック競技大会でカヌー競技の本会場として使用されており、オリンピックとは縁の深い場所です。また、本市とカナダ・トロント市とは、平成3年に友好都市となって以降、相互の交流が続けられています。今後は、さらにカナダとの関係を深めながら、地域を挙げてカナダボートチームを迎える準備を進めていきます。

利用する施設について


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


スポーツ課(事前キャンプ担当)
電話:042-851-3275 ファクス:042-754-7990


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.