小・中学校就学費の援助(令和元年度)


ページ番号1006903 


お子さんの国公立の小・中学校(義務教育学校、中等教育学校前期課程を含みます。)への就学にあたり、経済的理由でお困りの人に対して学用品費などの費用の一部を援助しています。

  1. 学用品・通学用品費
  2. 新入学児童生徒学用品費
  3. 給食費
  4. 校外活動費
  5. 修学旅行費
  6. 通学費(片道の通学距離が小学校4km以上、中学校6km以上の方。)
  7. 医療費(学校保健安全法に定められた疾病に限ります。)
  8. めがね購入費等

援助を希望される人は、申請書に該当理由を証明する書類(コピー可)を添えてお子さんが在学している学校に提出してください。
申請書は、市立小・中学校に在学する児童生徒の保護者には、4月頃(新1年生は入学式後)学校を通じて配付します。
また、市立小・中学校、学務課、区役所区民課、まちづくりセンター(橋本、本庁地域、大野南を除く)、出張所、連絡所、公民館(青根、沢井を除く)にあるほか市ホームページからダウンロードすることもできます。

生活保護(教育扶助)を受けている人は、申請手続は不要です。

援助を受けられる人

お子さんが、市内在住で国公立の小・中学校(義務教育学校、中等教育学校前期課程を含みます。)に在籍している保護者のうち、次のいずれかの要件に該当する人(お子さんが市外在住で相模原市立小・中学校に在籍している保護者も対象となります。)

1 収入が少ない人(所得上限、審査があります。)

目安となる年間総所得上限額(平成30年中における世帯全員の総所得の合計額)

所得上限額は、世帯構成、年齢、家賃の有無などにより異なるため、上限額を超えても該当になる場合や上限額未満であっても該当にならない場合があります。

添付書類

証明書の発行は6月頃からとなります。申請時に添付できない場合は、先に申請書のみを提出し、証明書は取得後に追加提出してください。

保護者または世帯員に、平成30(2018)年の1〜12月に海外赴任等により住民税が課税されない収入があった人がいる場合は、その1年間のすべての収入額(国内外におけるすべての収入)がわかる書類の提出が必要です。これらの書類は、会社や団体、公的機関が作成したものに限り、自ら作成したものは認められません。また、日本語以外の言語で作成された書類には、日本語の翻訳文が必要です。

2 1以外で平成30年度か令和元年度に次のいずれかに該当する人

  1. 母子世帯などに対する児童扶養手当を受けている人(児童手当、特別児童扶養手当は対象となりません。)
    添付書類 児童扶養手当証書
  2. 生活保護が停止または廃止となった人
    添付書類 停止または廃止の証明書
  3. 収入のある人全員に障害があり、市民税非課税の人、または寡婦・寡夫で収入のある人全員が市民税非課税の人
    添付書類 住民税非課税証明書(平成31年1月1日時点の住民登録が相模原市にある人は添付不要)
  4. 災害により市民税・固定資産税・個人事業税のいずれかが減免された人
    添付書類 減免決定通知書
  5. 国民健康保険税が減免または徴収猶予された世帯に属する人
    添付書類 減免決定通知書または徴収猶予決定通知書
  6. 世帯全員の国民年金の掛金が減免された人
    添付書類 免除・納付猶予申請承認通知書
  7. 社会福祉協議会から生活福祉資金の貸付を受けた人(低所得世帯で貸付をけた世帯に限ります。)
    添付書類 貸付の決定通知書(生活資金一時貸付は対象外)

上記1及び2以外の理由により援助を必要とされる人は学務課に御相談ください。
理由の例 世帯構成員が失業(自己都合を除きます。)、離婚(事実上の離婚も含みます。)による別居または配偶者等の暴力による別居、世帯構成員の死亡など

申請方法

提出書類

  1. 「令和元年度就学奨励金交付申請書兼委任状・口座振替依頼書」(お子さん1人につき1枚提出)
    ※毎年度申請が必要です。
  2. 該当理由を証明する書類(コピー可、それぞれの申請書に添付)【添付書類が必要となる場合のみ提出】

注意事項
生活保護(教育扶助)を受けている人は、申請手続は不要です。

書類の提出先

保護者が直接、お子さんの在学している学校へ提出してください。

注意事項

提出期限

受付最終期限までは、申請を随時受け付けますが、年度途中に申請する場合は、申請書を学校に提出された月の分からの援助となります。

援助の決定

書類審査等を行い、7月上旬頃に、保護者宛に結果を通知します。(年度途中に申請された人には、随時通知します。)

注意事項

援助の内容

注意事項

学用品・通学用品費

1回目(4月分〜7月分)8月26日支払い

2回目(8月分〜11月分)12月23日支払い

3回目(12月分〜令和2年3月分)令和2年3月27日支払い(予定)

4回目(令和2年4月分〜7月分)令和2年8月24日支払い(予定)

新入学児童・生徒学用品費(8月26日支払い)

令和元年7月末までに学校に申請書を提出し、援助を決定された人に限ります。

入学準備金(令和2年2月28日支払い)(予定)

給食費

実費額(行事や学級閉鎖等で食べなかった分を除きます。)

デリバリー方式の中学校については、4〜7月分は実費額を支払います。9月分以降は現物給付となります。(事前の払込不要により給食の予約が可能となり、注文した給食費は市から給食業者へ代理納付します。)

校外活動費(宿泊を伴わない)

令和2年4月27日、8月24日支払い(予定)

校外活動に参加した児童生徒に限ります。

校外活動費(宿泊を伴う)

令和2年4月27日、8月24日支払い(予定)

交通費、見学料の実費額(年1回に限る)

校外活動に参加した児童生徒に限ります。

修学旅行費

教育委員会で認める必要経費(修学旅行に係る経費の8割程度)

欠席によるキャンセル料は対象となりません。

生活保護(教育扶助)を受けている人は、修学旅行費用の一部を事前に支給する制度を利用することができます。対象者には、学務課から3月中旬にご案内を郵送しますので、利用を希望される場合は、指定の期日までに学校へ必要書類を提出してください。

通学費(片道の通学距離が小学校4キロメートル以上、中学校6キロメートル以上の人。)

実費相当額

特別支援学級に在籍する児童生徒の通学費について援助を希望される場合、学校を通じて配布する「特別支援学級就学奨励費」の申請書を学校に提出していただく必要があります。

医療費

援助を受けられる人

学校の健康診断(健康相談を含む)の結果、学校保健安全法に定められた疾病にかかり、学校から治療の指示を受けた人。

対象疾病

(1)う歯(虫歯) (2)結膜炎 (3)中耳炎 (4)慢性副鼻腔炎 (5)アデノイド (6)白癬 (7)疥癬 (8)膿痂疹 (9)トラコーマ (10)寄生虫病

援助の内容

対象疾病の治療費(健康保険等の療養の対象となった費用のうちの一部負担金。生活保護(教育扶助)を受けている人の場合は、その全額。)

事前の手続き

医療費の援助を希望される人は、学務課に直接または電話連絡によりお申し出ください。(随時受付)
学校の健康診断結果などを聞きとりのうえ、対象となる人に医療機関を受診する際に使用する「医療券」を交付します。
医療券はご自宅宛てに郵送します。(届くまでに2〜3日かかります。)

注意事項

めがね購入費等

援助を受けられる人

次のいずれかに該当する人

  1. 学校の視力検査の結果が、CまたはD判定である人(左右いずれか裸眼視力が0.7未満の人)
    ※めがねをお持ちの人は、矯正視力が0.7未満の人
  2. 遠視・乱視等のため学習に支障がある人

援助の内容

めがね販売店の視力検査により、めがねを作成した場合は援助の対象となりません。

事前の手続き

学校の視力検査の結果により対象となる人に、「視力検査券」「めがね購入券」を、7月中旬に学校を通じて交付します。

注意事項

交付する書類の利用手順

(1)医療機関を受診

めがねを購入する前に、必ず医療機関を受診し、受付時には「健康保険証」を持参するとともに、医療機関に「視力検査券」を提出してください。
視力検査の結果、めがねの作成が必要と診断された場合は、医師が発行する「眼鏡処方箋」を受領してください。
視力検査の結果、めがねの作成が不要と診断された場合は、「めがね購入券」を学校に返却してください。

注意事項

(2)めがねを作成・購入する

「眼鏡処方箋」及び「めがね購入券」をめがね販売店等に提出し、めがねを購入してください。

注意事項

 遠視乱視等のため学習に支障がある人の場合の利用手順

(1)医療機関を受診

めがねを購入前に、必ず医療機関を受診し、受付時には「健康保険証」を持参するとともに、医療機関に「視力検査券」を提出してください。

(2)めがねを作成・購入する

「眼鏡処方箋」及び「めがね購入券」をめがね販売店等に提出し、めがねを購入してください。

めがね購入券の交付前にめがねを購入した場合の取扱い

めがね購入費の援助を受けられる人に該当する人がやむを得ない理由によりめがね購入券を使用せずにめがねを購入した場合に、償還払の請求をすることができます。詳しくは学務課にご相談ください。

お問い合わせ

わからないことがありましたら、次のところへお問い合わせください。

相模原市コールセンター 電話042-770-7777 ※午前8時〜午後9時年中無休

所得に関することや個人情報に関することはコールセンターではお答えできませんので、直接、学務課へお問い合わせください。


学務課(就学支援班)
電話:042-769-9262 ファクス:042-758-9036


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.