感染症情報センター


ページ番号1007129 


感染症情報センターとは

感染症情報センターは、国の感染症発生動向調査実施要綱に基づき設置されるもので、各都道府県等域内に1カ所、原則として地方衛生研究所の中に設置することとなっています。相模原市では、平成31年1月1日から、相模原市衛生研究所内に感染症情報センターを設置し、その役割を担っていきます。

週報(毎週木曜日午後3時頃更新予定)

週報トピックス

今週の注目疾患 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎

相模原市では、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の報告数が増加しています。
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症ともいいます)は、A群溶血性レンサ球菌を原因とする細菌感染症で、冬季及び春から初夏にかけての流行がみられます。
感染すると2〜5日の潜伏期間を経て、発熱、のどの痛みなどの症状が現れます。次に、体や手足に小さくて紅い発疹が出たり、舌にイチゴのようなツブツブ(イチゴ舌)ができたりします。感染は、いずれの年齢でも起こり得ますが学童期の小児に多くみられます。このような症状が現れたら、早めに医療機関に受診しましょう。
また、インフルエンザの患者報告数は、前週より減少していますが、B型インフルエンザの患者報告数は増加しています。引き続きこまめな手洗い、うがいや咳のエチケットなどの感染予防対策を心がけましょう。
なお、新型コロナウイルス感染症もインフルエンザと同様に、流水・石けんによるこまめな手洗い、アルコール製剤による手指衛生、うがい、咳エチケットの励行、適度な湿度(50〜60%)の保持、十分な休養、バランスの取れた食事、不要不急の人混みへの外出は控えるなど感染予防対策を心がけましょう。

咳のエチケットとは

今週の全数把握対象疾患

今週の定点把握対象疾患

インフルエンザの定点あたり報告数は8.38です。

月報

バックナンバー


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


衛生研究所
電話:042-769-8348 ファクス:042-750-4664


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.