固定価格での買取制度の満了を迎える住宅用太陽光発電について


ページ番号1017848 


令和元年11月以降、余剰電力買取制度の適用を受けた住宅用太陽光発電設備は、固定価格による10年間の買取期間が順次満了を迎えます。
これらの太陽光発電設備については、今後、自家消費の拡大又は余剰電力の自由売電契約に移行していくことになります。(対象となる世帯に対しては、買取事業者から個別に通知される予定です。)
また、経済産業省資源エネルギー庁では、買取期間終了後の円滑な移行に向け、次の情報提供サイトや相談窓口を設置していますのでご利用ください。


環境政策課
電話:042-769-8240 ファクス:042-754-1064


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.