揮発性有機化合物(VOC)対策について


ページ番号1016829 


揮発性有機化合物(VOC)対策について

大気中に排出されたVOCは、窒素酸化物とともに太陽の光を受けることにより、光化学オキシダントを生成します。夏季は日差しが強く、光化学スモッグ(光化学オキシダントが高濃度になった状態)が発生しやすいため、VOC排出削減が重要となります。夏季のVOC排出削減にご理解とご協力をお願いします。

光化学スモッグは関東地方の広い範囲で発生することから、九都県市(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市・相模原市)で連携して夏季のVOC排出削減の取組みを進めています。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


環境保全課
電話:042-769-8241 ファクス:042-753-9413


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.