河川の汚濁防止


ページ番号1008052 


側溝へ排水を流さないで下さい

[画像]道路の側溝は河川とつながっています(13.0KB)

道路の側溝は道路上の雨水を速やかに雨水管に流すもので、市内を流れる相模川などの各河川につながっています。

油脂、塗料、モルタル、生コンクリートや洗浄水などが不注意により道路の側溝から雨水管を伝わり、河川に流れる水質事故が発生しています。

これらの事故によって、油膜、着色水、泡の発生などの河川汚濁や、魚などの生き物に影響を及ぼします。
また、相模川では下流域で飲料水の取水を行っているため取水停止となる可能性があります。

事故の未然防止と環境を守るため、側溝へ排水を流さないようにしましょう。

水質事故

相模原市内で発生した河川水質事故を紹介します。(四半期毎の更新を予定しています。)


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


緑区の橋本・大沢地区、中央区、南区

環境保全課
電話:042-769-8241 ファクス:042-753-9413

緑区の城山・津久井・相模湖・藤野地区

津久井地域環境課
電話:042-780-1404 ファクス:042-784-7474


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.