「さがみはら介護の未来懇話会」を開催しました


ページ番号1016071 


人材不足は全ての産業分野において深刻な問題となる中、相模原市では、団塊の世代が75歳以上となる2025年までに、新たに4,900人の介護人材が必要になると見込んでいます。
このたび、先進事例や成功事例などから、本市の「介護の未来」について意見交換する懇話会を初めて開催しました。
出席者からは、将来に向けたテーマで話し合えることは、大変有意義であるとの意見があり、定期的に開催していくことを確認しました。
本市としては、より質の高いサービスが継続的に提供できるよう、介護人材の確保・定着・育成に向けた取組を進めてまいります。

[画像]意見交換の様子1(60.1KB)
[画像]意見交換の様子2(55.3KB)

日時

平成31年2月6日(水曜日)午後2時30分〜午後3時45分

場所

相模原市役所 本庁舎2階 第1特別会議室

出席者

テーマ

介護分野で活躍する「人づくり」

事例発表


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


高齢政策課(計画推進班)
電話:042-769-8354 ファクス:042-752-5616


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.