命に関わる暑さ! 熱中症にご注意ください!


ページ番号1017255 


熱中症による救急搬送者数が増加しています

関東甲信地方の梅雨明けは、昨年より30日遅い令和元年7月29日ごろとなるなど、記録的な日照不足となりました。
しかし、8月になり一気に気温が上昇し、全国的に猛暑日、真夏日が続き、相模原市においても熱中症による救急搬送者数が増加しています。
気象庁による1カ月予報(8月10日〜9月9日)では、平均気温は高い見込みとなっており、引き続き猛暑日、真夏日が続く見込みですので、熱中症にご注意ください!

相模原市における搬送状況

[画像]令和元年7月1日から8月7日熱中症搬送状況(速報値)グラフ(56.3KB)

注意事項

熱中症は正しい知識を身につけることで、適切に予防することが可能です。予防対策として、日陰や涼しいところで休憩をとること、こまめに水分補給を行うこと、屋外では帽子をかぶることなどに心がけてください。

熱中症の応急手当

ただし、自分で飲めない、意識がない、全身のけいれんなどがある場合は、すぐに救急車を呼んでください!!

関連リンク


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


救急課
電話:042-751-9142 ファクス:042-786-2472


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.