身近な避難場所


ページ番号1008686 


お知らせ

一時的な避難所の変更について

市では、災害により、自宅での生活ができない人を受け入れる避難所を指定しています。
このたび、体育館の改修等に伴い、一部地域において避難所を一時的に変更します。
該当地区にお住まいの人は、災害発生に備え、確認してください。
なお、各区の詳細は下記にてご確認ください。

避難場所等案内広告付電柱看板について

このことについて、東電タウンプランニング株式会社と協定を締結しましたのでお知らせします。

広域避難場所の一部変更について

このことについて、地震発生時において、同時多発の火災が発生し延焼拡大した場合に地域住民の生命、身体の安全を守る広域避難場所を次のとおり一部変更しますのでお知らせします。

変更する広域避難場所

  1. 指定の解除(解除日)
    旧職業能力開発総合大学校(平成28年11月30日)
  2. 新規指定(指定日)
    県立相模原総合高等学校(平成28年12月1日)
  3. 名称の変更(変更日)
    「旧職業能力開発総合大学校・相模原北公園」から「相模原北公園」へ(平成28年12月1日)
    「旧県立新磯高等学校」から「さがみロボット産業特区プレ実証フィールド」へ(平成28年9月1日)

避難場所等一覧

マップで見る

一覧で見る

どんな時に、どこに避難すればよいか

一時避難場所

地震に伴う火災などが近隣に発生した場合は、自治会や家庭などで決めている一時避難場所(空き地、小公園、学校等)に避難し、いったん様子を見ましょう。

広域避難場所

地震時に同時に火災が発生し燃え広がった場合、市の指定する広域避難場所に、市や自主防災組織などの指示に従い避難しましょう。

避難所

地震などで家が倒壊、焼失した場合は、市立小・中学校などに開設される避難所に、市や自主防災組織などの指示に従い避難しましょう。

福祉避難所

避難生活において、特別な配慮を必要とする人を対象とする避難所です。
避難所等での生活が著しく困難な人を対象に、本人の状態や避難生活の状況、福祉避難所の開設状況や受入可能な人数等を踏まえ、市災害対策本部(災害時要援護者支援班)で受入の調整を行った上で、避難していただきます。

拠点救護所と救護所

大きな災害で、多数の負傷者が予想される場合は、3カ所の拠点救護所、30カ所の救護所が開設されます。
拠点救護所、救護所では、傷病者に対する初期治療を実施し、重傷者は医療機関へ搬送します。

避難するとき

家を出る前に


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


危機管理課
電話:042-769-8208 ファクス:042-769-8326


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.