風水害(大雨・台風等)から身を守る


ページ番号1008646 


大雨

相模原市域を含む区域では、下記の基準に基づき、「大雨注意報」、「大雨警報」及び「大雨特別警報」が横浜地方気象台より発表されます。

大雨注意報

大雨警報

※1
表面雨量指数とは、短時間強雨による浸水害の危険度の高まりを把握するための指標です。降った雨が地中に浸み込まずに、地表面にどれだけ溜まっているかを指標化したものです。

※2
土壌雨量指数とは、大雨による土砂災害の危険度の高まりを把握するための指標です。降った雨が土壌中にどれだけ溜まっているかを指標化したものです。

大雨特別警報

 詳細につきましては、気象庁ホームページをご覧ください。

[画像]大雨のイラスト(36.0KB)

※避難情報
市は、大雨の情報や被害の発生状況等をもとに、市民の皆様に災害から命を守る行動を取っていただくために、「避難準備・高齢者等避難開始」や「避難勧告」、「避難指示(緊急)」を発令します。
詳しくは、「避難情報について」をご確認ください。

雨量

降る雨が1時間に「流れ去る・土にしみこむ・蒸発する」ことをせずにたまっていくとして、その深さをミリメートル(ミリメートル)の単位で表すのが「雨量」です。
天気予報を見聞きする時の参考にしてください。

やや強い雨

[画像]やや強い雨(6.0KB)

どしゃ降り

[画像]どしゃ降り(5.8KB)

バケツをひっくり返したように降る

[画像]バケツをひっくり返したように降る(7.0KB)

滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)

[画像]滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)(8.0KB)

集中豪雨

台風・集中豪雨に備えて

雨や風からわが家を守る

[画像]雨や風からわが家を守る(15.5KB)

土嚢(どのう)を準備して浸水被害を防止する

大雨や台風等の風水害時に、道路から雨水が流入することにより発生する住宅等(民地)の浸水被害を防止するため、各土木事務所では、状況に応じて土嚢(どのう)の支給を行っております。
詳しくは、次のページをご覧ください。

停電に備え、携帯ラジオ、懐中電灯などを用意

[画像]懐中電灯(1.7KB)
[画像]ラジオ(1.8KB)

テレビ、ラジオなどの情報をよく聞き、早めの対応を

[画像]テレビ、ラジオなどの情報をよく聞き、早めの対応を(7.4KB)

(注)もしも浸水などの被害にあいそうになった場合は、お早めに、お近くの消防署・分署にご連絡ください。

土砂災害

雨とがけ崩れ

「大雨がいちばん強く降ってから1時間以内、あるいは3時間から4時間を中心としてがけ崩れが起きやすい」ということが、統計的に知られています。平時から土砂災害に対する準備は必要ですが、この時間帯は特に注意が必要となります。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


危機管理課
電話:042-769-8208 ファクス:042-769-8326

土嚢の支給に関すること

道路計画課
電話:042-769-8373 ファクス:042-769-5822


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.