新たな火葬場整備基本構想


ページ番号1008629 


平成25年4月の「新たな火葬場のあり方等検討委員会」からの提言に基づき、平成26年5月に、新たな火葬場の整備を進めていく上での本市の考え方を「相模原市新たな火葬場整備基本構想」としてまとめたものです。

主な内容

必要性

将来の火葬需要に対応するため、新たな火葬場の整備に取り組む必要があります。

位置

津久井地域での整備を検討することを基本とします。

規模

検討を進める上での目安

これらの面積は、目安として算出したものであるため、基本計画や設計段階において精査が必要となります。

事業手法

施設整備にあたっては、PFI(※)などの手法について検討を進める必要があります。

※PFI 民間主導で公共施設等の設計、建設、運営及び維持管理を行うことにより、民間の資金やノウハウを活用し、効率的かつ効果的な公共サービスの提供を図る手法

事業スケジュール

事業期間を、おおむね10年間と想定し、位置や規模、事業手法などを検討していきます。

基本構想の本編


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


区政支援課(斎場班)
電話:042-769-9814 ファクス:042-754-7990


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.