市史について


ページ番号1003866 


昭和29年11月20日に市制を施行した相模原市は、市制施行10周年を記念して、昭和39年から47年にかけて相模原市で最初の市史となる「相模原市史」を刊行しました。
さらに、平成16年に市制施行50周年を迎えるに当たり、平成13年4月から「相模原市史」続編の編さんに着手し、市民の皆さんのご協力を得ながら調査研究や資料収集を行いました。平成16年11月に第1巻目『相模原市史現代図録編』を刊行、平成30年2月に最終巻の『相模原市史別編』を刊行し、編さんを完了しました。
この間、相模原市は、平成18年3月に津久井町及び相模湖町と、平成19年3月に城山町及び藤野町と合併しました。
「相模原市史」続編と並行して編さんを行なっていた「津久井町史」についても平成30年3月に『津久井町史文化遺産編』の刊行をもって完了し、ここに現在の市域(旧1市4町)の市史・町史が揃いました。
市民の皆さんの地域に対する関心と認識が高まり、貴重な自然や歴史・文化遺産が市民共有の財産として将来に継承されることを期待し、ここに市史(旧4町史を含む)をご紹介します。


相模原市役所
住所:〒252-5277 神奈川県相模原市中央区中央2-11-15
電話:042-754-1111(代表)


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.