さがみ風っ子文化祭について


ページ番号1003884 


さがみ風っ子文化祭は、子どもたちの豊かな人間性の育成を目的に、小・中学校における日頃の教育活動の成果を「展示部門」と「ステージ部門」の2部門を通じて広く発表するものです。
平成29年度で39回目を迎え、相模原市が全国に誇る特色ある教育活動の一つです。毎年、各学校の特色を生かした素晴らしい発表が行われています。

※事業によっては観覧できない場合もあるため、詳細については学校教育課企画班にお問い合わせください。

展示部門

造形「さがみ風っ子展」

[画像]造形「さがみ風っ子展」の写真(68.1KB)

市立小・中学校、近隣の高校、特別支援学校や市立幼稚園・認定こども園などからの作品が淵野辺公園や女子美術大学のアートミュージアムに展示されます。また、参加者が楽しむことができる造形コーナーや、中学校美術部生徒によるワークショップ、相模原市立小中学校PTA連絡協議会が実施する「ふれあいコーナー」も設置しています。

ステージ部門

中学校英語弁論大会

[画像]中学校英語弁論大会の写真(24.3KB)

日常生活や経験などから得た自分の思いや考えを英語で堂々とスピーチします。英語の楽しさや異文化理解、日本文化の良さ、部活動や生徒会活動で学んだこと、将来の夢や生き方など様々なテーマで発表します。

小学校連合音楽会

[画像]小学校連合音楽会の写真(34.7KB)

全ての市立小学校が3つの会場に分かれ、合奏、合唱やオペレッタなど、それぞれの学校が工夫を凝らし、日頃の音楽活動の成果を発表します。また、音楽を通して、学校間の交流を深めます。

※会場での鑑賞は保護者のみとなります。


 

中学校演劇発表会

[画像]中学校演劇発表会の写真(18.9KB)

市立中学校演劇部の生徒が日頃の活動の成果を、与えられた40分に凝縮して発表します。また、生徒自身が会場運営や本格的な音響・照明操作も行います。

合同学芸会

[画像]合同学芸会の写真(39.7KB)

市立小・中学校の特別支援学級に在席する児童生徒が、日頃の学習成果をダンス、劇、合唱、合奏などで発表します。一人ひとりの良さを発揮し、仲間と協力しながら各学級の工夫と特色を生かし、表現します。お互いの演技を鑑賞して、たくさんの学校の子どもたちとの交流の場となっています。

共催事業

さがみ風っ子「親子映画鑑賞会」

さがみ風っ子「親子映画鑑賞会」では、東京国立近代美術館フィルムセンターが所蔵する映画作品から子どもと一緒に大人も楽しめる作品をピックアップして上映します。
また、普段目にする機会のない映画フィルムの収蔵施設の見学会を行います。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


※このページに関する内容は、企画指導・支援班にお問い合わせをお願いします。

学校教育課
電話:042-704-8916(人権・児童生徒指導班)
電話:042-704-8918(学力保障推進班)
電話:042-769-8284(企画指導・支援班)
ファクス:042-758-9036


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.