税金 よくある質問


ページ番号1015855 


質問

配偶者控除・配偶者特別控除の改正があると聞きました。どのような改正でしょうか。

回答

平成29年度の税制改正(平成31年度以降適用)により、配偶者・配偶者特別控除の控除額が改正されたほか、給与所得者の合計所得金額が1,000万円を超える場合には、配偶者・配偶者特別控除の適用を受けることができないこととされました。改正された控除額につきましては、次のとおりです。

配偶者控除

改正前(平成30年度課税分まで)の控除額

控除対象配偶者 33万円
老人(70歳以上)控除対象配偶者の場合 38万円

改正後(平成31年度課税分以降)の控除額

配偶者特別控除

改正前(平成30年度課税分まで)の控除額

配偶者の合計所得金額と控除額

改正後(平成31年度課税分以降)の控除額

納税者の合計所得金額が900万円以下の場合の配偶者の合計所得金額と控除額
納税者の合計所得金額が900万円超950万円以下の場合の配偶者の合計所得金額と控除
納税者の合計所得金額が950万円超1,000万円以下の場合の配偶者の合計所得金額と控除額

合計所得金額の求め方につきましては、関連ページの「所得の種類」をご覧ください。


関連ページ


最終更新日: 2019年1月11日


市民税課(賦課班)
電話:042-769-8221 ファクス:042-769-7038


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.