税金 よくある質問


ページ番号1015848 


質問

市・県民税の公的年金からの特別徴収(天引き)について知りたい。

回答

市・県民税の公的年金からの特別徴収(天引き)とは

市・県民税のうち、公的年金等(国民年金、厚生年金、共済年金、企業年金など)の所得に係る部分の市・県民税について、老齢基礎年金等(公的年金のうち介護保険料が特別徴収されている年金)から天引きさせていただく制度です。
この制度によって、年金を支給する年金保険者が、特別徴収対象となる市・県民税を公的年金から天引きして市役所へ直接納入することとなるため、年金からの特別徴収の対象となる人は、市役所の窓口や金融機関等に出向く必要がなく、納め忘れもなくなります。

公的年金からの特別徴収の対象となる人

前年中に公的年金等を受給しており、市県民税の課税となる年度の初日(4月1日)時点で65歳以上の人
ただし、次のいずれかの項目に該当する人は、公的年金から特別徴収(天引き)の対象とはならず、納付書等により納付していただきます。

特別徴収による公的年金にかかる市・県民税の納め方

特別徴収初年度の場合

年税額の2分の1を、6月及び8月に納付書または口座振替により納付していただき、残りの2分の1は、10月、12月及び2月に支給される公的年金から天引きされます。
※新規に特別徴収となった場合のほかに、一度特別徴収が中止となった後、再度特別徴収が始まった場合も含まれます。

前年度から継続して特別徴収されている場合

前年度の年税額の2分の1を仮特別徴収税額として4月、6月及び8月に支給される公的年金から天引きとなり、今年度の年税額から仮特別徴収税額を差し引いた額が10月、12月及び翌年2月に支給される公的年金から天引きされます。


関連ページ


最終更新日: 2019年1月11日


市民税課(賦課班)
電話:042-769-8221 ファクス:042-769-7038


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.