税金 よくある質問


ページ番号1001884 


質問

市税の延滞金の計算方法について知りたい。

回答

納期ごとの納めるべき税額が、その納期限までに完納されない場合には、納期限の翌日から完納の日までの日数に応じて以下の割合で計算した額の延滞金を本税に加算して納付することになります。

特例基準割合の率の推移

延滞金割合の推移
特例基準割合の適用期間等 納期限の翌日から1カ月を経過する日までの延滞金の割合 それ以降の延滞金の割合
平成11年12月31日以前 7.3% 14.6%
平成12年1月1日〜平成13年12月31日 4.5% 14.6%
平成14年1月1日〜平成18年12月31日 4.1% 14.6%
平成19年1月1日〜平成19年12月31日 4.4% 14.6%
平成20年1月1日〜平成20年12月31日 4.7% 14.6%
平成21年1月1日〜平成21年12月31日 4.5% 14.6%
平成22年1月1日〜平成25年12月31日 4.3% 14.6%
平成26年1月1日〜平成26年12月31日 2.9% 9.2%
平成27年1月1日〜平成28年12月31日 2.8% 9.1%
平成29年1月1日〜平成29年12月31日 2.7% 9.0%
平成30年1月1日〜令和元年12月31日 2.6% 8.9%

延滞金の計算方法

延滞金額=X+Y

X:納期限の翌日から1カ月を経過するまでの延滞金額

ただし、特例基準割合を用いて計算した場合に、計算結果に1円未満の端数がある場合は、その端数を切り捨てた額。

Y:納期限の翌日から1カ月を経過した日以後の延滞金額

ただし、特例基準割合を用いて計算した場合に、計算結果に1円未満の端数がある場合は、その端数を切り捨てた額。

(注)計算した延滞金額が千円未満の場合はその全額を、金額が千円以上で百円未満の端数がある場合はその端数を切り捨てます。

X =未納額 × 割合1 × 日数1/365日 + 未納額 × 割合2 × 日数2/365日 + 未納額 × 割合3 × 日数3/365日
Y =未納額 × 割合4 × 日数4/365日 + 未納額 × 割合5 × 日数5/365日

未納額:納期ごとの納めるべき税額

割合

割合1:年7.3%の割合
割合2:平成12年1月1日から平成25年12月31日までの特例基準割合
割合3:平成26年1月1日以後の特例基準割合に年1%の割合を加算した割合
割合4:年14.6%の割合
割合5:特例基準割合に年7.3%の割合を加算した割合又は年14.6%の割合

日数

(例)納めるべき税額が156,200円、納期限が令和元年5月31日で、令和元年10月2日に全額を納付した場合の延滞金の計算

X=156,000円×2.6%×30日/365日=333円

Y=156,000円×8.9%×(124日-30日)/365日=3,575円

延滞金額=333円+3,575円=3,900円


関連ページ


最終更新日: 2019年2月21日


納税課(収納管理班)
電話:042-769-8225 ファクス:042-757-8108


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.