税金 よくある質問


ページ番号1001853 


質問

ふるさと納税における寄附金控除について知りたい。

回答

寄附額のうち2,000円を越える部分について、ご自身の所得税や住民税から控除される制度です。
確定申告する場合は、寄附した年の所得税からの還付と翌年の住民税から控除されます。
ワンストップ特例が適用になる場合は、寄附した翌年の住民税から控除されます。
寄附する年の1年間の所得額などによって限度額が異なります。詳しくは、お住まいの自治体の住民税担当部署にお問い合わせください。
(相模原市は市民税課042-769-8221が担当です)。

寄附金控除を受ける方法

税額の控除を受けるためには、原則として確定申告を行う必要がありますが、確定申告の不要な給与所得者等が1月から12月までの1年間に5団体以内の自治体にふるさと納税する場合は、各ふるさと納税先の自治体にワンストップ特例の適用に関する「申告特例申請書」を提出すれば、確定申告は不要になります。
(ワンストップ特例の詳細については、各自治体の寄附(ふるさと納税)担当課、相模原市の場合は財務課へお問い合わせください)

寄附金税額控除の限度額について

ふるさと納税をするうえで、自分の寄附金税額控除の限度額については、寄附する年の1年間の所得額などによって限度額が異なります。
詳しくは、お住まいの自治体の住民税担当部署にお問い合わせください。
(相模原市は市民税課042-769-8221が担当です)。


関連ページ


最終更新日: 2016年12月2日


財務課
電話:042-769-8216 ファクス:042-751-0208


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.