ごみ・リサイクル・環境 よくある質問


ページ番号1002595 


質問

野鳥(ヒヨドリ、ハトなど)のヒナがいるのですが、どうしたら良いですか。

回答

巣立ちしたばかりのヒナは上手に飛べないため、枝から枝へ移るときなどに地面に降りたりしてしまいます。これは、ごく普通のことですので、自然の営みを妨げないよう、そっと見守ってあげてください。
また、近くに姿が見えなくても、親鳥は必ずヒナのもとへ戻って世話をします。人がヒナの近くにいると、かえって親鳥はヒナに近寄れません。捕まえることはせずそのままにしておいてください。
既に捕まえてしまった場合であっても、もとの場所に戻してそのままにしておいてください。
なお、猫などに襲われる恐れがある場合には、近くの木の枝先など、猫が近寄れない所に止まらせておきましょう。木がない場合などは、カップ麺の容器などにヒナを入れ、高い所においてください。

問い合わせの多い野鳥

ハト(ドバト)、ヒヨドリ、カラス、ツバメ、ムクドリ、メジロ、ホオジロ


関連ページ


最終更新日: 2018年5月12日


水みどり環境課
電話:042-769-8242 ファクス:042-759-4395

神奈川県立自然保護センター
電話:046-248-6682
横浜市立よこはま動物園ズーラシア
電話:045-959-1000
[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Sagamihara City. All Rights Reserved.